・免疫細胞活性化療法(2)

    〔 広告 〕

 

 ここでは免疫細胞活性化療法について説明していきます。

 

免疫細胞療法は患者の血液中の免疫細胞を培養、強化して、免疫力を高めて癌を治療しようとする方法です。

癌細胞に対する攻撃力の中心となるリンパ球や、リンパ球に癌細胞の特徴を知らせる樹状細胞を、患者の血液から取り出して体の外で培養、活性化して機能を高めたり、数を大きく増やした状態で再度患者の体の中に戻します。

 

免疫に働きかける免疫細胞療法は、癌の部位に関わらず効果が得られる可能性があり、患者本人の免疫を活用するために大きな副作用がなく、有効な場合には長期的な効果が期待できるものです。

 


樹状細胞ワクチン療法とは

 

 癌細胞は体の正常な細胞が変化したもので、もともと身内の細胞です。

そのために体の免疫機構にとっては、敵と判断し見つけ出して攻撃するのが難しいのです。

 

ただ、癌細胞は正常細胞とは異なる癌抗原と呼ばれる目印をもっておりこの目印を持つ細胞を攻撃するようにTリンパ球に指令を送るのが樹状細胞です。

いわば、樹状細胞が指令しTリンパ球が攻撃の役割を担い、敵である癌細胞を攻撃します。

 

血液から分離した樹状細胞と、手術で取り出した患者さんの癌細胞、または癌細胞の目印を人工的に作ったもの(ペプチド)等をいっしょに培養することで、樹状細胞に癌の目印の見分け方を教え込み体に戻します。

癌の目印を学習した樹状細胞は体に戻った後で活発にTリンパ球に指令を出し、Tリンパ球が目印を持つ癌細胞の攻撃をさせる治療法です。

 


     〔 広告 〕


活性化自己リンパ球移入療法とは

 

 免疫細胞療法の中で最も広く行われている治療法です。

体の中で発生した癌細胞を攻撃するのは白血球の一種であるリンパ球が中心的な役割を担っており、このリンパ球を体の外で培養してパワーアップし、患者の体に戻すのが活性化自己リンパ球療法です。

培養工程の工夫や資材、薬剤の選び方で、リンパ球をどれだけパワーアップできるかが決まり、そこに医療機関のノウハウがあります。

 

  • NK細胞療法

 NK(ナチュラルキラー)細胞強い細胞殺傷能力を持ったリンパ球の一種で、体の中を常時パトロールして癌細胞やウイルス感染細胞などの異常な細胞をいち早く発見します。

癌細胞の目印(癌抗原)が隠されてしまっている癌等にも有効で、いくつかの抗体医薬との併用でも相乗効果が期待できます。

 

  • ガンマ・デルタT細胞療法

 Tリンパ球のうち、ガンマ・デルタT細胞と呼ばれる細胞を用いた治療で、先進医療(臨床研究)としても行われています。

ガンマ・デルタT細胞は、癌化をはじめた細胞の変化を素早く感知して攻撃をしかける特徴があり、抗体医薬を使っている場合や骨腫瘍、骨転移等の治療にゾレドロン酸を使っている場合でも併用することで相乗効果が期待できます。

 

  • アルファ・ベータT細胞療法

 癌に対する攻撃力が最も強い細胞のひとつであるT細胞(Tリンパ球)を全般的に活性化し、増殖させてから体内へ戻す治療法です。

早期癌から進行したケースまで幅広く適用されます。

癌患者の体内の免疫状態を改善して化学療法や放射線療法の効果を増すことも期待されます。

 


CTL療法(腫瘍特異的T細胞療法)

 

 CTL (キラーT細胞)は、癌細胞を直接攻撃する免疫細胞の一つで、同じ攻撃役であるNK細胞は敵の種類にかかわらず攻撃します。

CTLは事前に敵を捕まえた樹状細胞等から情報を教えてもらい、それをもとに敵の特徴に合わせた専門的な攻撃を行ないます。

 

CTL療法では患者の血液から取り出したT細胞に、体外で癌細胞の情報を教えこまれたCTLを人工的に活性化、培養して体内にもどす免疫療法です。

敵を覚えた細胞だけを効率よく体内に送り込める治療法です。

 

 

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る

共に歩んで来た時を振り返る

Copyright © 2017 - 2017 父が残した膵臓がん闘病文録 All Rights Reserved. Proudly powered by WordPress