抗癌剤について

Pocket

       

スポンサーリンク

 

 抗癌剤とは薬物療法に用いられるものです。

 

癌の増殖を抑えたり転移及び再発を防止する為に使われます。

抗癌剤単独での使用や、いくつか組合わせて使用する場合があります。

 

異なる作用の抗癌剤を組み合わせることで、より効果を高めることに期待をするものです。

 

抗癌剤は経口薬の服用又は点滴注射をするもの等があり、作用の仕方で分類されています。

  • 化学療法   
    科学物質により癌の増殖を抑え、癌細胞を破壊する治療法
  • 分子標的治療 
    癌細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえ分子標的薬を用いて行う治療法
  • ホルモン療法 
    癌細胞の増殖に関わるホルモンを調整して癌細胞増殖を抑える治療法

 

治療効果である主作用と、機能を維持している組織や器官に副次的に影響が起こる副作用があります。

副作用は使用する抗癌剤の種類によって様々であり、また使用される人によっても症状に個人差があります。

 

それでは次項にまとめてみましたので、気になる方はご覧になって下さい。

 

 

 

スポンサーリンク
   

Pocket

その闘病から僕が得た全てのものを伝えたい