・ホルモン剤の種類(4)

Pocket

       

スポンサーリンク

 

 癌の種類によっては、特定のホルモンによって増殖が促進されたり、そのホルモンの分泌低下とともに癌病巣も縮小します。

それら仕組みを利用して、癌の増殖を抑える治療法をホルモン療法といいます。

 

ここでは使用されるホルモン剤も紹介させていただきます。

 


アナストロゾール(アリミデックス)

アロマターゼ阻害剤

 

(効果)
 閉経後乳癌

(副作用)
 嘔気、食欲不振、嘔吐、下痢

 


アビラテロン(ザイティガ)

ホルモン剤

 

(効果)
 去勢抵抗性前立腺癌

(副作用)
 肝機能障害、高血圧、便秘、下痢

 


エキスメスタン(アロマシン)

アロマターゼ阻害薬

 

(効果)
 閉経後乳癌

(副作用)
 ほてり、疲労、疼痛、倦怠感、悪心、食欲不振、腹痛、嘔吐

 


エチニル(プロセキソール)

抗アンドロゲン剤

 

(効果)
 前立腺癌、閉経後乳癌

(副作用)
 吐き気、食欲不振、腹痛、下痢、倦怠感

 


エンザルタミド(イクスタンジ)

抗アンドロゲン剤

 

(効果)
 去勢抵抗性前立腺癌

(副作用)
 疲労、無力症、末梢性浮腫、体重減少、疼痛、悪寒、倦怠感

 


スポンサーリンク


クロルプロマジノン(プロスタール)

抗アンドロゲン剤

 

(効果)
 前立腺癌

(副作用)
 劇症肝炎、発疹

 


ゴセレリン(ゾラデックス)

LH-RHアゴニスト製剤

 

(効果)
 前立腺癌、閉経前乳癌

(副作用)
 倦怠感、浮腫、頭痛、めまい、不眠

 


タモキシフェン(ノルバデックス)

抗エストロゲン剤

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 頭痛、めまい、不眠、抑うつ

 


デガレリスク(ゴナックス)

GnRHアンタゴニスト

 

(効果)
 前立腺癌

(副作用)
 発熱、倦怠感、疲労、末梢性浮腫、無力感

 


トレミフェン(ファストン)

抗エストロゲン薬

 

(効果)
 閉経後乳癌

(副作用)
 ほてり、倦怠感、悪心、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、下痢

 


ビカルタミド(カソデックス)

抗アンドロゲン剤

 

(効果)
 前立腺癌

(副作用)
 貧血、浮腫、倦怠感、便秘、食欲不振、下痢、悪心、嘔吐

 


フルタミド(オダイン)

抗アンドロゲン剤

 

(効果)
 前立腺癌

(副作用)
 浮腫、全身倦怠感、発熱、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢

 


リュープロレリン(リュープリン)

LH-RHアゴニスト製剤

 

(効果)
 前立腺癌、閉経前乳癌

(副作用)
 悪寒、倦怠感、悪心、嘔吐、食欲不振、便秘、下痢

 


レトロゾール(フェマーラ)

アロマターゼ阻害薬

 

(効果)
 閉経後乳癌

(副作用)
 発熱、疲労、倦怠感、口渇、熱感、脱力

 

 

 

スポンサーリンク
   

Pocket

その闘病から僕が得た全てのものを伝えたい