癌細胞発生の原因

    〔 広告 〕

 

ここでは癌細胞のメカニズムを説明したいと思います。

 

癌治療を考える上でどうして癌が出来るかを知る必要があると思います。

病気になる原因を知らずして、治療を考える事は難しいと思うからです。

少し複雑なので簡単に説明します。

 

人間の細胞の中には、”ミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官(ゾウリムシのような形をしたもの)があり、殆どの細胞の内部に備わっています

 

ミトコンドリアの役割は

 

  • 口から取り入れた栄養(酸素)を原料にエネルギーを作り出す
  • アポトーシスを取り仕切る
    (アポトーシスとは細胞に異変や障害を生じると、その細胞は不要とされ細胞死させて体内から取り除く)  

ミトコンドリアが正常に機能しなくなると、エネルギーの生産が落ちて体力がなくなったり、免疫細胞の働きが悪くなったりして癌細胞を駆除できなくなる

 

また、糖尿病が発症するとインスリンの働きが悪くなり血液中のブドウ糖が体に取り込まれにくくなって高血糖状態になります。

高血糖状態が続くと細胞のDNAに障害がおこり、更にインスリンが過剰分泌されたり、この高インスリン血症が癌細胞の成長を促します

 

  • 糖尿病予備軍は癌になりやすい
  • 血糖値が高いと癌のリスクが高まる
  • 血糖値レベルのHbA1cと癌の死亡率は比例している

よって癌と糖尿病には密接な関係を示唆しており、癌治療では糖尿病の原因となる糖の過剰摂取を考慮する必要があると考えます!

 

癌も糖尿病も後天性ミトコンドリア病であるとされており、ミトコンドリアの機能低下が細胞組織の癌化を促進するようです。

いずれの病気も糖代謝の異常により引き起こされます。

 

このことから血糖値をコントロールする糖質制限をすれば、癌治療も改善させる事が出来ると考えます。

 

またはミトコンドリアを活性化させる事が癌治療になるのではないかと思われます。

 

ミトコンドリアを活性化させる、または増やすには

  • 空腹を感じるとミトコンドリアは増える
  • 抗酸化作用のある食物の摂取
  • 軽い有酸素運動を心掛ける
  • 朝日を浴びる
  • 深呼吸する
  • よく噛んで唾液を増やす
  • 入浴する
  • よく眠るなど

 

たくさんあるのですが、よく見れば規則正しく生活を送り、適度な食事と運動がミトコンドリアには良いようですね!

また常に何かを口に入れていてはミトコンドリアが退化するのかもしれません。

 

結局のところ辿り着くのは、堕落した生活が病気を呼ぶという事なのでしょうか。

病状が初期の段階ならば、生活習慣を見直す事でもある程度の改善を期待出来るのかもしれないという事です!

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る

共に歩んで来た時を振り返る

Copyright © 2017 - 2017 父が残した膵臓がん闘病文録 All Rights Reserved. Proudly powered by WordPress