癌治療の種類について

Pocket

       

スポンサーリンク

 

癌治療には大きく分けて3種類の治療法があります。

 

三大療法と呼ばれるもので一般的な治療法です。

 

  1. 外科療法    
    原発巣と転移巣を含めて切除する手術療法とも呼ばれるもの。
  2.  

  3. 化学療法 
    化学物質の抗癌剤を用いて癌細胞の分裂を抑え、癌細胞を破壊するもの。
  4.  

  5. 放射線療法   
    X線やγ線などの放射線を照射し、癌細胞の分裂や増殖を抑えるもの。

 


代替医療(近代医学以外のもの)をいくつかあげてみたいと思います。

 

  • 免疫療法   
    近年注目されているもので、本来持っている免疫力を高めて癌細胞を攻撃する治療法。
  •  

  • 癌遺伝子療法      
    癌の元になる遺伝子異常を減らしていく治療法。
  •  

  • 高濃度ビタミンC点滴療法
    点滴によって血液中のビタミンC濃度を抗癌作用を発揮するまで高める治療法。
  •  

  • 有機性コロイドヨード療法          
    コロイドヨードが体内へ入れて、老化や炎症を起こした細胞、癌細胞、活性酸素や有害物質を吸着して排泄し、正常細胞を活性化し体温をあげて代謝を上げ体の機能を高める治療法。
  •  

  • 食事療法    
    癌の誘発に関わると思われる食品を排除し、栄養素をバランスよく摂って免疫力を高めて体内毒素の排泄に努めて改善を試みる治療法。  
  •  

  • 温熱療法
    癌細胞が熱に弱い性質を利用して腫瘍を縮小させる治療法。
  •  

  • 漢方治療 
    複数の生薬を複合して体力や気力を補ったり、免疫力を高めたりする治療法。
  •  

  • 水素療法
    抗酸化作用のある水素を取り込み体内の酸化を還元する治療法。
  •  

  • 糖鎖栄養療法  
    糖鎖の働きによって癌細胞を発見し、攻撃細胞に情報を伝達して癌細胞を撃退する治療法。 

 

などといった上記のものもあり、選択肢はけっして一つではありませんので有効だと思われるものを試すのも生きる為に必要なことだと思われます。

 

 

スポンサーリンク
   

Pocket

その闘病から僕が得た全てのものを伝えたい