「・血液検査結果2016, 5~」カテゴリーアーカイブ

闘病中の血液検査の結果

血液検査結果2016,5/26

Pocket

       

スポンサーリンク

 

H28,5/26(退院後約1月)

 

検査名 正常値 単位
AST 8~40 U/l 22
ALT 5~35 U/l 17
LDH 106~211 U/l 181
CHE 135~432 U/l 204
ALP 102~340 U/l 366H
総ビリルビン 0.2~1.1 mg/dl 0.3
D-Bil 0~0.4 mg/dl  
γ-GTP 12~72 U/l 92H
CPK 62~287 U/l  
血清アミラーゼ 30~130 U/l 57
尿中アミラーゼ ~600 U/l  
アルブミン 3.8~5.3 g/dl  
Glu(血糖) 70~110 mg/dl 149H
BUN 8~20 mg/dl 10
クレアチニン 0.40~1.10 mg/dl 0.62
推算GFR値     96.3
Ccr   ml/min 85.0
Na 135~147 mEq/l 138
K 3.6~4.8 mEq/l 4.2
Cl 98~108 mEq/l 103
Ca 8.4~10.2 mg/dl 8.4
CRP      
CRP定量 0~0.6 mg/dl 1.2
CRP 定性 (-)    (+)
血球算定      
WBC(白血球) 34~90 ×10²/ul 57
RBC(赤血球) 423~561 ×10⁴/ul 309L
Hb 12.9~17.2 g/dl 9.3L
Ht 39~50 % 28.4L
MCV 80~100 fl 91.9
MCH 26~34 pg 30.1
MCHC 32~36 g/dl 32.7
PLT(血小板) 15~36 ×10⁴/ul 47.3H
RWD-CV     16.0H
RWD-SD     50.9
PDW     8.3L
MPV     8.6
P-LCR     12.8L
血液像      
好中球 40~71 % 63.9
リンパ球 27~47 % 24.5L
単球 2~8 % 6.5
好酸球 0.2~7  % 4.2
好塩基球 0~2 % 0.9

 

退院後約1月後の血液検査の結果である。

 

ALPとγ-GTPの異常値の黄疸の症状(胆道系の異常)は、まだ若干残っているが何とか基準値近くまで戻ってきている!

肝機能も正常値に推移しているので安心出来る。

 

炎症も若干陽性反応が残っているが、かなり治まってきているようである。

 

Hb(ヘモグロビン)値とHt(ヘマトクリット)値は悪化傾向が見られ、貧血症状は進んでいるようである!

 

この後に及んでもやはり喫煙をしているからだろうか?

それとも抗癌剤TS-1の副作用によるものなのだろうか?

 

 

スポンサーリンク
   

Pocket

血液検査結果2016,5/12

Pocket

 

H28,5/12(退院後)

検査名 正常値 単位
AST 8~40 U/l 20
ALT 5~35 U/l 29
LDH 106~211 U/l 149
CHE 135~432 U/l 223
ALP 102~340 U/l 725H
総ビリルビン 0.2~1.1 mg/dl 0.3
D-Bil 0~0.4 mg/dl  
γ-GTP 12~72 U/l 210H
CPK 62~287 U/l  
血清アミラーゼ 30~130 U/l 58
尿中アミラーゼ ~600 U/l  
アルブミン 3.8~5.3 g/dl  
Glu(血糖) 70~110 mg/dl 165H
BUN 8~20 mg/dl 8
クレアチニン 0.40~1.10 mg/dl 0.62
推算GFR値     96.3
Ccr   ml/min 85.0
Na 135~147 mEq/l 138
K 3.6~4.8 mEq/l 4.4
Cl 98~108 mEq/l 100
Ca 8.4~10.2 mg/dl 8.5
CRP      
CRP定量 0~0.6 mg/dl 3.7
CRP 定性 (-)    2(+)
血球算定      
WBC(白血球) 34~90 ×10²/ul 90
RBC(赤血球) 423~561 ×10⁴/ul 346L
Hb 12.9~17.2 g/dl 10.3L
Ht 39~50 % 31.8L
MCV 80~100 fl 91.9
MCH 26~34 pg 29.8
MCHC 32~36 g/dl 32.4
PLT(血小板) 15~36 ×10⁴/ul 45.4H
RWD-CV     15.3H
RWD-SD     51.4H
PDW     8.4L
MPV     8.5
P-LCR     12.4L
血液像      
好中球 40~71 % 64.6
リンパ球 27~47 % 22.0L
単球 2~8 % 6.0
好酸球 0.2~7  % 6.6
好塩基球 0~2 % 0.8

 

退院後2週間程の血液検査の結果である。

 

ALPとγ-GTPの異常値から、黄疸の症状(胆道系の異常)はまだ残っているが、それ以外の肝機能は正常値に戻ってきている!

 

Hb(ヘモグロビン)値とHt(ヘマトクリット)が入院中に直ぐに増え、退院後にまた減ってきている!?

入院中に改善が見られたとすれば、確実に禁煙状態にあったからであろうか?

これを見れば普段から起こっていた立ち眩みや疲れが、喫煙による貧血であったとも考えられるのではないだろうか!

 

医師は安定してきたので新たな抗癌剤に踏み切ったが、CRPを見ると炎症反応があり2(+)の陽性反応が感染症を疑わねばならなかったのではないのだろうか?

また、白血球の増加が基準値の限界まで高まっている事から、何らかの感染を防ごうと免疫細胞が増加しているのかもしれない!?

 

前日までの発熱などから体内では炎症が起こっていると推測する。

抗癌剤TS-1は副作用で肝機能に障害の出る事もあるので、非常に注意が必要である。

 

 

Pocket