「膵臓癌闘病記2016,11~」カテゴリーアーカイブ

2016年11月の闘病日記

膵臓がん闘病日記11/30

    〔 広告 〕

 

2016年11月30日(水)

 

(父の状態)

体重   45.7~46.2kg

体温   36.3~37.5

O₂濃度  96~98%

血糖値  mg/dl

朝食前 145

昼食前 176

夕食前 174

就寝前    67

 


(父の日課)

06:30 血糖測定、体温測定、体重測定

      酸素濃度測定

06:45 朝食

09:00 訪問看護、身体拭、下着替、足湯、談話

11:45 血糖測定、体温測定

12:00 昼食

17:35 血糖測定

18:00 夕食

20:45 血糖測定

 

(処方薬)プリンぺラン錠

(漢方薬)霊黄参
     田七合水逆散
     牡蠣精善
     白花蛇舌草
     杞菊地黄丸

 


(訪問看護士)

 体がしんどい時は遠慮なくおっしゃってください。

水分は多めに飲んでくださいね。

 


     〔 広告 〕


(父の日記)

 訪問看護士が体を拭き下着を替えてくれた。

 


(当時の僕)

 今日も少ししんどそうでしたが、午前中には熱は出ていなくて少し安心しました。

 

明日から12月で一年とは本当に早いものです。

毎日闘病生活を送るのはきっと大変なのだろうと思います。

 

何とか頑張って暖かくなる春までは風邪を引かないようにしたいですし、何としても乗り切っていきたいです!

もう一度腹水を抑えられたなら、きっと励みになると思いますし治療に弾みがつくと思います!

 


(現状の僕)

 この日も少し辛そうな状態であった。

 

一人で入れるようになったお風呂もまた入り辛くなっていた。

体力の消耗が日に日に進む印象である・・・。

 

腹水は若干また治まりつつあるようにも感じられるが、少し元気が出ないのだ。

漢方薬を上手く併用すれば腹水の悪化は抑えられそうではあるのだが、心の何処かにもしかしたらこの冬場を乗り切れないのではないかと、一抹の不安が脳裏をよぎるのだ・・・。

 

先月10月には急激に体力等が戻ったと感じたが、11月は徐々に悪化していく印象は見えていた。

ここから本格的に寒くなる12月以降が正念場であると予想が出来、現状を維持していけるかが気になるものであった。

 

次なる目標は年を越す事を目指してがんばるのだが、更に厳しい現実が待っているのだ・・・。

僕たちに試練を与え続けるこの運命を断ち切れないのか!?

 

最期の闘いに突入する事になる!

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る