「膵臓癌闘病記2016, 3~」カテゴリーアーカイブ

2016年3月の闘病日記

膵臓がん闘病日記3/31

    〔 広告 〕

 

2016年3月31日(木)

 

(父の状態)

体重   47.5~48.0kg

体温   36.4~36.9℃

血糖値  mg/dl

朝食前 125

昼食前    ━

夕食前 202

就寝前 341

 


(父の日課)

06:00 血糖測定、体温測定

06:40 朝食

09:00 通院

10:30 抗癌剤投与

13:15 CT検査

15:00 帰宅

17:15 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

19:00 間食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、鉄)

 

※CT検査の為、昼食はなし

 


     〔 広告 〕


(父の日記)

 前回の通院での病院内の歩行では疲労を感じて、移動が辛く思えたが、今日はとても楽であった。

 

血糖値が110mg/dlと高めにあった為と思われる。

毎回思う事だが、院内での移動距離と待ち時間は患者にとっては不満で、その改善を求めたい所である!

 

 

午前中はいつもの流れで推移し、主治医による血液検査結果の分析では異状は発見されず、今迄と同様に治療を続けると言う!

悪くなるまで掛かった時間が治療時間として必要な事で、癌治療に於いての回復にもまた必要かと思われる。

 

要するに残りの日常生活に於いては、調子の良い時を見極めて動き、活動的に生産する事だと理解して良いのではと・・・。

余命5年を望むところである!

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は120mg/dl位でした。

 

本日は通院で抗癌剤投与及び造影剤による検査を実施してきました。

結構待たされていつもより帰るのが遅くなりました。

癌の病状の結果は再来週の通院時に報告していただけるようです。

 

今回の血液検査でALTの数値が若干基準値を超えているのと、前回同様CPR定量の数値が若干高めでした。

担当医によるとこの位の数値では、まだ気にするレベルではないとのことですが、でもやっぱり気になりますね!

 

ALT数値は肝臓機能に問題があると思うのですが、その病院に より基準値が違うので問題がないのかもしれません。

CPR値は陽性で若干どこかに炎症があるのかもしれませんが、これも大げさな数値ではないので、風邪及び気管支炎程度の問題かもしれません!

少し様子を見守ることにいたします。

 

ちなみに夕方の血糖値は200mg/dl位でした。

 


(現状の僕)

 今でも思い出すが、この時は調子も良く隔週通院ではなく三週間毎の通院でも良いのではないかと言っていた程である。 

父にはとくに問題はないと思ったようであるが、血液検査での肝機能の一部に若干の異常値が現れていた!

 

入院当初にも肝機能の一部においては、異常値も確認されていたが徐々に基準値内に納まっていた。

 

担当の主治医もこの程度なら大丈夫であると言う。

また、炎症反応の陽性と若干の拡大も訪ねてみたが、肺炎などの症状等もレントゲン撮影では確認されなかった。

 

ひとまずこの日はこれで済まし、2週間後に通院してこの日の造影剤によるCT検査で病状を確認する事にした。

僕は何処か腑に落ちない気持ちを残し病院を後にした。

 

今だから思うのだが、不安ならば翌週に通院してみてもよかったと思うのだ。

だが、次回の通院でこの日の僕の不安が的中し、新たな過酷な運命が始まるのだ・・・。

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る