入院前日

       

    〔 広告 〕

 

 入院前日になり、父は普段と変わらないような日常を送りつつも、速やかに入院の準備をしていたようだった。

 

大切に飼っているメダカの水槽を掃除して、今後の餌やりを僕に頼んできた。

また、暑い夏場なので庭の植木や近くの畑の野菜に水をやるように言い渡された!

 

他に今自分に出来ることは何だろうか?と思いながらも、これから過酷な闘病生活が始まると思われる父にかける言葉が見つからなかった。

 

だが、入院する前に記録を残して起きたかったので、写真を撮ることにした。

きっと父もどこかで、最期の写真を撮るつもりだろうと思ったことだろう。

 

しかし快く受け入れてくれて、母と一緒に並んだ姿も写真に収めることが出来た!

家族共々きっと複雑な想いがあったと思うが、刻々と時は流れた・・・。

 

夕食の時間になり、どことなく家族最後の食事にならなければ良いのにと思えて仕方がなかった。

またどこかで、この父の建てた我が家に帰って来られないような感覚もあり、恐怖と不安しか感じられなかった。

 

だが覚悟を決めていた父は、頑張って闘病生活を送ることを受け入れている姿はとても凛々しかった。

 

そして翌日には父は病院で闘病生活を送る日々が始まるのだった。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る