・糖尿病治療(3)

    〔 広告 〕

 

 生活を改めれば血糖値は下がる

 

一口30回噛み

  1. 血糖値を上昇させるのは糖質で脂肪とタンパク質は上昇させない
  2. 肉、卵、チーズ
    一口入れたら30回噛んで食べる習慣
  3. 肉、卵、チーズをしっかり噛んで食べると血糖値の乱高下を防ぎながら必要栄養素を取る事が出来、糖尿病改善、健康維持につながる

 


食物繊維

  1. 水溶性食物繊維
    血糖値をおさえる効果
    粘り気:ブドウ糖包込移動
    リンゴ(ペクチン)、こんにゃく(グルコマンナン)
  2. 不溶性食物繊維
    腸内で水分吸収膨張
    →腸壁刺激排便促進
    →免疫力、自己治癒力高
    大根(セルロース)、豆類(リグニン)

 


異所性脂肪

  1. 現段階では特効薬はない
    バランスの取れた生活、食生活、運動による
  2. 異所性脂肪を減らす
    ・魚 3~4回/週 EPA、DHA(鰯、鯖)
    ・焼魚定食
    ・有酸素運動 10000歩/1日
         ウォーキング、ジョギング
         散歩 15分/1日
  3. 異所性脂肪の疑わしい病状
    ・40才以上の男性
    ・体重不変、ベルトがきつい
         内臓脂肪多→異所性脂肪
    ・筋肉減、体重不変
         (筋肉減の代りに内臓脂肪、異所性脂肪が増えている)
    ・禁酒、AST、ALT(肝機能数値)が高い
    ・シフトワーカー(交代制勤務)で昼夜逆転している
         夜は脂肪の吸収が盛ん、夜中に食事摂取は脂肪がつきやすい
         食事即就寝も同様

 


肝臓脂肪の落とし方

  1. 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
    ・食事時間不規則
    ・甘物過食                                                                                                                                     
     脂肪肝
    ・肝臓に中性脂肪が貯まる脂肪肝になる
                                   ↓
         中性脂肪が増える→内臓脂肪に
    ・1kg/月に落とす
    ・糖質の取り過ぎを止める

 


    〔 広告 〕


血糖値下飲水法

  1. 東洋医学「気」
    経絡を生命エネルギーが通る
    各臓器保養の時間帯がある
  2. ・05:00~09:00大腸、胃の保養
        この時間帯に水を飲む
        飲水→胃腸活性、宿便排出
    ・15:00~17:00膀胱保養
        飲水→尿老廃物排出
                                                                                                                                                    食前に水を飲む
     ・食前に水(薄胃酸食欲抑制)
          30分前 コップ1杯
          食事中はあまり水を飲まない
          唾液には血糖値を下げるインスリン似た成分が含まる 

 


白湯

白湯は(毒)を溶かす
38~39℃ 基礎代謝向上
血行良
・代謝促進
・脂肪燃焼

白湯飲湯時間帯
・朝の起き掛け(血行良)
・食前(内臓機能活発)

 


毒出水分摂取術

  1. 小便を完全排出後飲水
    (出す→飲む) 出してから飲む
  2. 飲水時間帯
    ・夜寝る前 コップ1~2杯
    ・朝飲水
    ・ジャスミン茶、ハーブ茶推奨

 


冷飯

御飯の糖質であるデンプンは冷めると消化吸収され難くなる

αデンプン→βデンプン→小腸→大腸吸収
                      (冷)         (×)

 


炒おから

  1. おから (不溶性11.5g/100g食物繊維)
                         (水溶性0.4g/100g)
  2. 不溶性食物繊維
    ・便の量増して腸壁を刺激し、スムーズな便通
    ・続食で体慣して効果が薄れる
         (他の食品と混合の必要性あり)
  3. 炒おから フリカケとして使用
                              大さじ2杯目安

 


白滝

  1. 白滝焼きそば
  2. 白滝麵 (エスニック料理)

 


食前コーヒー

  1. コーヒーを飲む習慣のある人には糖尿病の発症率が低い
    ブラックコーヒーが良い
    ただし砂糖を入れて飲む人にはむしろ糖尿病が増えている
  2. 7~8杯以上/1日 日本人=3~4杯/1日
  3. 食前コーヒーを習慣化する
    コーヒーカップ1杯=150ml

 


GLP-1(インスリン分泌促進)

  1. GLP-1
    ・小腸から分泌されるホルモン
        (グルカゴン様ペプチドー1)
    インスリンの分泌促進作用あり、必要以上の食欲を抑える
  2. EPA(エイコサペンタエン酸)を取ればGLP-1の分泌を促すことができる
    ・GLP-1は食物からは摂取できない
    ・EPA=魚脂肪の不飽和脂肪酸
         鯖にEPAが多く含まれる
         鯖水煮ー手軽に食べられる
                         ー骨が柔らかい
                         ー塩味
        (調味油)表示はEPAやDHAを抜いている可能性あり                               EPAやDHAの表示を確認のこと!

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る

共に歩んで来た時を振り返る

Copyright © 2017 - 2017 父が残した膵臓がん闘病文録 All Rights Reserved. Proudly powered by WordPress