・癌治療の用語(3)

    〔 広告 〕

 

 癌治療における用語を前回に続き説明していきます。

 


深達度

 壁のどの深さまで癌が進行しているかを表す言葉

 


腫瘍

 細胞が異常に増殖したもの

 


シンチグラム

 弱い放射線を出す薬を注射して病状の変化を調べる検査

 


腫瘍崩壊症候群(腫瘍融解症候群)

 癌治療によって大量の癌細胞が短期間で壊される場合に、癌細胞の成分により、高尿酸血症、高リン酸血症、低カルシウム血症、代謝性アシドーシス等のいろいろな症状を生じること

 


腫瘍マーカー

 癌腫瘍がつくり出す特殊な物質のうちで体液中から測定できるもの

 


腫瘤

 腫瘍の瘤や固まりのこと

 


髄液(脳脊髄液)

 脳と脊髄を包んでいる膜(硬膜)の間を流れる無色透明な液体

 


髄注

 抗癌剤を脊髄腔に注入する治療

 


髄液検査

 脳脊髄液を採取する検査

 


髄液浸潤

 癌細胞が脳脊髄液に認められること

 


ステージ(病期)

 癌の大きさや他の臓器への広がり方で癌を分類して、進行の程度を判定するための基準

 


穿刺吸引細胞診

 病変に細い針を刺して病変部の細胞を吸引して、採れた細胞を顕微鏡で観察すること

 


染色体検査

 染色体の数と形態(構造)異常の検査

 


生検

 病変の一部を採り顕微鏡で詳しく調べる検査

 


生存率

 ある一定の期間経過した集団について、その時点で生存している患者の割合のこと

 


先進医療

 効果や安全性などの評価が定まっていない新しい試験的な医療技術で、保険適用の対象にするかどうかの判断を下すための有効性や安全性の評価を行う医療技術として厚生労働省が指定したもの

 


セカンドオピニオン

 診断や治療方法について、担当する医師以外の医者の意見を聞くこと

 


先進医療制度

 新しい医療を評価するために、すべての費用を自己負担することでこの仕組みに例外を定めるもの

 


脊髄

 脳と体を結ぶ背骨の中にある太い神経の束のこと

 


全身療法

 癌のみではなく全身に対する治療

 


赤血球

 血液中の血液細胞の一種で酸素を全身に運ぶ

 


センチネルリンパ節生検

 原発巣の癌が転移する際に最初に到達するリンパ節のこと

 


腺癌

 腺組織とよばれる上皮組織から発生する癌のこと

 


組織診検査

 顕微鏡で病変の組織を調べる検査

 


造血幹細胞

 骨の中の骨髄にある血液の源となる細胞

 


組織

 生物体を構成する単位で、ほぼ同一の機能と構造とを持つ細胞の集団のこと

 


創部

 手術でできた創(きず)のこと

 


ソーシャルワーカー

 療養生活にかかわる幅広い相談に応じる専門家のこと

 


対症療法

 病気に伴う症状を和らげたり、または消すための治療法

 


多剤併用療法

 複数の抗癌剤を組み合わせて用いる治療法

 


    〔 広告 〕


多発癌

 同じ部位に癌が多発すること

 


ダヴィンチ

 手術支援ロボットの一種

 


ダンピング症候群

 胃の切除後の再建などで食べ物の流れを変えることにより、これまで胃の中を通っていた食べ物が直接腸に流れ込むために様々な不快な症状が起こること

 


単球

 白血球の成分の一種で3〜8%を占め、感染に対する防衛の開始に重要な細胞

 


中央値

 平均値と同じく数値の分布を代表して表す値のひとつで、データの中に飛びぬけて大きい値や小さい値がある場合に用いられる

 


中心静脈カテーテル

 首や胸や足の付け根等から、上大静脈あるいは下大静脈に留置する点滴用の細いプラスチックの管のこと

 


治癒

 病気やけがなどが治ること

 


調剤薬局

 医師の処方せんに基づいて薬剤師が薬を調剤する施設

 


治験

 新薬の開発を目的として、これまでに使われたことのない新しい薬や、あるいはその病気では使われたことのない薬の安全性や有効性を調べるための臨床試験のこと

 


致命率

 ある病気と診断された人のうち、その病気で死亡した人の割合

 


直腸診

 肛門から直腸へ指を入れて診察をする方法

 


デイケア

 在宅で療養する患者さんが病院、診療所、老人保健施設に通って理学療法や作業療法やその他のリハビリテーションを受けられるサービス

 


デイサービス

 在宅で療養する患者さんが福祉施設に通って、日常生活の世話や心身機能の訓練を受けられるサービス

 


TNM分類

 治療をする際の目安とするために、癌がどれくらい進行したものかを病期で癌を分類する方法

 


転移

 癌細胞が最初に発生した場所から、血管やリンパ管に入り込んで血液やリンパ液の流れに乗って別の臓器や器官に移動して増えること

 


テストステロン

 主に精巣でつくられる男性ホルモン

 


凍結療法

 腫瘍に特殊な針を刺して癌細胞を凍らせて細胞膜を破壊し壊死させる治療法

 


ドナー(臓器提供者)

 臓器や造血幹細胞を患者に提供する人のこと

 


トリプルネガティブ乳癌

 乳癌のタイプの1つで、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)により増殖する性質をもたず、癌細胞の増殖に関わるHER2タンパクやHER2遺伝子を過剰にもっていないもの

 


頓服(屯用)

 薬の服用方法で、食前、食後、就寝前等のように定期的に内服せず症状に応じて服用すること

 


内視鏡検査

 口や肛門などから体に挿入して、主に消化管や気管、膀胱などの内部の様子を調べる検査

 


内視鏡治療

 内視鏡によって映し出される体内の病変部をモニター上で観察しながら治療を行うこと

 


内分泌療法(ホルモン療法)

 特定のホルモンを分泌する部分を手術で取り除いたり、そのホルモンの作用を抑えるホルモンを投与して、癌がふえるのを抑える治療法

 


肉腫

 筋肉、骨、神経等の非上皮性細胞から発生する悪性腫瘍

 


二次性発癌

 抗癌剤や放射線による正常細胞の障害のために、治療を終えてから後にもとの病気とは別の種類の癌や白血病を生じること

 


バイオマーカー

 血液や尿などの体液等に含まれるタンパク質や遺伝子などの生体内の物質で、病気の変化や治療に対する反応に相関して指標となるもの

 


バイパス手術

 流れの悪くなっている血管や、癌等によりふさがってしまった消化管などの迂回路をつくる手術

 


白血球減少

 抗癌剤や放射線治療で骨髄の血液細胞をつくる働きが低下して白血球が減少すること

 


パフォーマンスステータス

 全身状態の指標の一つで患者の日常生活の制限の程度を示すもの

 


播種

 体の中の腹腔や胸腔等に癌腫瘍細胞がこぼれて種をまいたように広がること

 


白血球

 血液中の血液細胞の一種で、細菌、ウイルス、真菌といった外敵や癌から身体を守る

 


BRCA1/2遺伝子検査

 BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子のいずれかに変異が生じると、癌にかかるリスクが高くなり、血液の採取によってこれらの遺伝子の変異の有無を調べるもの

 


 

 

 

〔 広告 〕
     
Pocket
LINEで送る

共に歩んで来た時を振り返る

Copyright © 2017 - 2017 父が残した膵臓がん闘病文録 All Rights Reserved. Proudly powered by WordPress