膵臓がん闘病日記12/12

       

    〔 広告 〕

 

2015年12月12日(土)

 

(父の状態)

体重  47.4~48.6kg

体温      36.2~37.7

血糖値  mg/dl

朝食前 126

昼食前 206

夕食前 233

就寝前    72

 


(父の日課)

04:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

10:00 砂糖入コーヒー飲

11:30 血糖測定、体温測定

12:00 血糖測定、昼食

15:00 間食(菓子)

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

20:00 血糖測定、体温測定

 

体調不良の為ウォーキングは中止

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄)

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 禁煙が出来ない。

 

喫煙の欲求から解放されたい。

今、私の身体はニコチンの中毒に侵されている。

 

喫いたいと感じ、その欲求を静沈する事に我慢する。

我慢はするが・・・。

 

そこに現物を見ればつい手が伸びて窓際で外へ向かって煙をはいてしまう。

そこに現物がなければ、小銭を揃えタスポを添えて車で走る。

或いは近所の売り場へ歩いて出向き、1個のメビウスを求める。

 

無遊病者、欲求に負けて喫いたい気持ちを押し殺す事の出来ない気違いの弱者だ。

 

この喫草が膵臓癌治療に悪いとは分かっているのに。

自分の意志と行動の乖離に悩む、何度もの決心が無駄になっている現実。

 

息子はこれを容認してくれない。

彼は私の子供でありながら意志が強い!

 

食養生から生活態度を共にしてくれる。

 

私の弱さを彼は軽蔑しているに違いない。

悲しい事だが、私は価値の低い人間である。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は120mg/dl位で、夕方は130mg/dl位で若干高めではありますが、抗癌剤投与後としてはまずまずでしょう!

抗癌剤投与の影響か少し体調不良の様です。

 

最近少しコーヒーを飲んでるからか鉄分が少し不足気味であり、カフェイン摂取には注意が必要です。

 

タンポポコーヒーなら多めに飲んでも良いのですが!

 


(現状の僕)

 この日は少し熱があり、体調も良くなかった様だ。

 

また間食した事を隠すために、夕方の血糖値を偽って僕に伝えていたようだ。

間食や砂糖入りの飲料を口にすれば、血糖値は200mg/dl台を超えてバレてしまうのを恐れたのでしょうか!?

 

 

禁煙という行為を子に成し遂げられて、親が達成出来ないとは情けない限りであり、確かに軽蔑もするのは事実だろう。

僕はニコレットというガムを噛みながら必死で禁煙に成功したので、すすめてみたのだが美味しくないと言って無理であった。

 

言ってみれば、まだ生命の危機感を分かっていないのである。

癌という病気を軽んじているのだろう。

 

この文面を読んで、この期に及んで何を言っているのだろうか。

喫煙行為が全ての努力を無駄にしている事も理解出来ていない、情けない弱者である!

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る