膵臓がん闘病日記1/28

       

    〔 広告 〕

 

2016年1月28日(木)

 

(父の状態)

体重  48.1~48.5kg

体温  35.7~36.6℃

血糖値  mg/dl

朝食前 134

昼食前   99

夕食前 112

就寝前 187

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:40 朝食

08:15 散歩 7821歩

10:00 外出(買い物)

11:45 血糖測定、体温測定

12:00 昼食

14:30 畑行、焼却用ドラム缶穴明

17:15 血糖測定、体温測定

17:45 夕食

20:15 間食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄、ブルーベリー)

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 目のかすみが一日を通して付き纏う。

この症状は身体に疲労が溜まった時に起こる症状だ。

 

急激な間隔をおいて長距離と思われるウォーキングをした後の症状である。

視界が暗く、輪郭がはっきりせず、焦点も定まらず鬱陶しい。

低血糖になっている状態だと思われる。

 


(当時の僕)

 早朝の寝起きの血糖値は60mg/dl位で、久しぶりに低血糖の症状が出た様です。

しかし夕方は110mg/dl位で良好でした。

 

1週間経ち抗癌剤の副作用も和らいできたようで散歩に出掛けていましたが、畑仕事を再開するのには少し気を付けていただきたいと思います。

まだ寒いので身体に負担を掛けてはいけません。

 

もっと身体をいたわって治療に励みましょう。

 


(現状の僕)

 併発している糖尿病が原因で、糖尿病網膜症が出ているのだと思われるが、果たして低血糖によるものだろうか?

 

HbA1cの改善で気を良くして、間食し過ぎた事の不摂生が災いしてか、糖尿病が悪化しているのではないかと考える。

自分に優しい人間である。

 

人間に欲があるのは当然であるが、今は治療中である事を忘れてはならないのである。

気の緩みが取り返しのつかない事態を招く事も心の片隅に留めておく必要がある。

 

僕が子供の頃に、もっと努力せよと何度言われた事か。

あたかも努力し続けて来た様な言いぶりではあったが、これ程意志が弱いとは思ってもみなかった。

 

少しづつ理想の治療とは掛け離れつつあるのかもしれない!?

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る