膵臓がん闘病日記1/30

       

    〔 広告 〕

 

2016年1月30日(土)

 

(父の状態)

体重  48.2~48.4kg

体温  36.6~36.8℃

血糖値  mg/dl

朝食前 107

昼食前 187

夕食前 168

就寝前 118

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:40 朝食

11:30 血糖測定、体温測定

12:00 昼食

14:20 散歩 6876歩

16:00 読書、PC学習

17:30 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

20:30 血糖測定、体温測定

21:00 間食(菓子)

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄、ブルーベリー)

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 目に見える映像が明瞭ではなく、レンズの焦点が合わせられずぼやけて見える。

 

この症状は血糖値に関係するものかどうか、因果関係はよく分からない。

少なくとも血糖値が200mg/dlの高い状態でも起こるのだ。

老眼鏡に合わず書物の読書時には苦労している。

 

 

雨が続いて部屋の中に籠りっぱなしでは気分が滅入る。

雨は午後には上がり、少々風は残るもウォーキングを実行した!

 

蛋白質摂取で少々の脂肪を身体に貯めなければ力が出せない。

殆ど栄養価地のある物を口にしていない様に感じる。

 

動物性の蛋白質を必要としている様に思える。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は100mg/dl位で良好でしたが、夕方は160mg/dl位でかなり高めでした。

午後は散歩に出掛けた割には、血糖値は下がっていません。

 

また何か食べているのかもしれませんね。

少し寒かったので風邪に注意しないといけませんし、インフルエンザが流行ってきた様でとくに注意が必要です!

 


(現状の僕)

 インフルエンザが流行してしている様である。

 

身体が弱っている時に於いては、肺炎やインフルエンザに十分な注意が必要である。

とくに抗癌剤治療中は免疫が下がっていて感染しやすいので警戒しておく方がよいだろう。

 

抗癌剤治療中は白血球が減少する為に、感染症が起こりやすい。

 

外出時で人の集まりやすい場所では、マスクを付ける等の対策はしておいた方が無難であろう。

また、帰宅時等はうがいや手洗いの励行も忘れず行う事である。

 

一応、生物等を食するのも控え目にしておいた方が良いのかもしれない。

 

僕の父は結局の所は敗血症を発症してから、症状が酷くなったので菌やウイルスを侮ってはいけない。

清潔を心掛けておく事は忘れてはならない。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る