膵臓がん闘病日記 9/15

       

    〔 広告 〕

 

2015年9月15日(火)晴れ 入院6日目

 

(父の状態)

体温     35.9℃

血糖値    mg/dl

朝食前   95 

昼食前 107

夕食前 270

就寝前   ━

 


(父の日課)

06:00 体温測定

08:00 朝食

11:30 血糖測定

12:00 昼食

12:15 息子来院、親戚来院

17:00 体温測定、血糖測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定

 

午後にインスリン注射を忘れ、血糖値が270まで上がる。

新投薬 ロキソプロフェンナトリウム60mg
                    (発熱痛、炎症抑)今日は朝夕1ずつ
                     ※6時間間隔で使用

リーゼ 5mg 1/寝前
                     睡眠誘導剤             

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 体と医に関しては知識もなく、その関係も疎い。

 

人間の真な生活をしようと思えば、ある程度の関心や興味も必用だったと今思う。

余りにも無関心過ぎた。

そしてこういう結果になったのだと納得している!

 

これから命をどれくらい長引かすことが出来るのか?

5年が最大だと思っている(勘)

 

少し胃痛か?不快な感じがある。

 


(当時の僕)

 今日は昼食時に見にいったらY姉が見舞いに来てくれた。

本当にいつも一番に来てくれてありがとう。

本当に感謝いたします。

 自分もたまにはおじさんの様子を見に行かないとな!

 

さて今日は血糖値もだいぶ落ち着いていたけど、癌患者の生存率低さに少し気落ちしている様子だった。

食事もおいしくないようで不満気味でした。

 


 (現状の僕)

 いつも何かあると心配してくれて、一番に駆けつけてきてくれる親戚のY姉に本当に感謝している。

何度足を運んでくれたことだろうか。

 

Y姉の父も難病で少し介護も必用である。

これだけ見舞いに来てくれたのだから、僕も時々見舞いに行かないといけないな。

 

 

この日父は治療が上手くいけば、5年近くは生きられる可能性を信じていたのかもしれない。

 

僕は余命を父に教えない事を選んだが、この時に余命半年と聞かされていたなら、きっと諦めて治療に専念できなかったのではないかと思う。

ある意味で僕の選択は間違いではなかったと今は思える。

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る