膵臓がん闘病日記 9/1

       

    〔 広告 〕

 

2015年9月1日(火)

 

(父の状態)

データなし

 


(当時の僕)

先日調べた全分子アポルバノイドの信憑性が今一しっくりこない。

 

今日は朝から K 病院にて詳しく病状を調べるものの、診断の結果は同じものだった。

帰ってきた親父は何だか元気がなかった。

 

病は気からと言う位だから、いかにストレスをなくすかが問題だろう。

あとは免疫力を上げつつ体温を上げるのが良いらしい。

 

きっと何かにすがりたい気持ちはあるだろうし、励ます事くらいしかできない自分がとてももどかしい。

一週間後に入院が決まったので、なんとかそれまでに対策を講じたいものです。

 


(現状の僕)

この日は県内でも大きな K 病院へ出向き、入院日の確認と病状を詳しく調べるため通院した!

やはり先日の検査結果同様、膵臓がんで間違いがないものだった。

 

父もきっとどこかで間違いであってほしいと願っていたことだろう、だが現状を受けいるしかなかった。

 

有効な治療方法に免疫力を上げることと、体温を上げることの有効性が分かった!

具体的な方法を模索していたようだ。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る