膵臓がん闘病日記10/8

       

    〔 広告 〕

 

2015年10月8日(木)

 

(父の状態)

体重   48.9kg

体温   35.8~36.7 ℃

血糖値  mg/dl

朝食前 102

昼食前    54

夕食前 121

就寝前    81

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

07:30 散歩5754歩

11:00 血糖測定

12:00 昼食、親戚Y氏見舞い

13:30 散歩、午前を含む11017歩

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 昨夜は豆の甘辛い好物のお菓子を1袋食べ、インスリンを1単位余分に打った。

 

今朝の血糖値は120mg/dlで、何とも食べ物については辛抱が足りない。

頭では命にかかわると理解出来ているのだが、身体が欲しがり一旦手を染めると止まらなくなる!

実に仮面を被った真面目人間である。

 

それにしても日本という社会は、その欲望をそそる様にスーパーでは美味い物が数多くを並べ誘惑している。

こういうやむを得ない欲望の奴隷になる時は、インスリンを調整しながら治療するのが良いのではないか!?

 

平常としては寝る前のトレシーバは4単位が適していると思える。

早朝の気分は6単位では低血糖に陥りやすい。

 

 

今日の正午前に親戚Yが見舞いに来てくれる。

秋の果物柿を持って来る。

食べたい思いと甘物との戦いがあった!

 

昼食は朝飯の残りを雑炊にしたものを丼ぶり1杯だったからだ。

 

 

今日は午前、午後の食後の1時間を経てから散歩を2回行い11017歩を得る。

昨日の散歩よりも今日の方が楽で速度も上がり、疲れも少ない。

 

散歩をする事で血糖値は落ち着き、むしろ低い傾向でもある。

 

動き歩き、汗をかく事で免疫力が高まってくれば、癌細胞の拡大を抑える事が出来るのではないか。

そして抗癌剤の効果も生かせるのだと信じる。

 

馬鹿呼ばわり、変人呼ばわりされようとも生きる方が良い。

あと3年は生きたい!

 


(当時の僕) 

 今日の血糖値は100位と一日を通して落ち着いていたようだ。

午前、午後の2回も散歩に出かけていたから調子もいいようだ。

クエン酸入りドリンクはカロリーオフではあるが、少し血糖値が上がるようだ。

今度は純粋なクエン酸をといて試してみたい。

 

今日本屋で気になったのは蒸しショウガ健康法で、かなりの効果が期待できそうだ。

 

砂糖を使わずに調理するのが1番大変ですけども!

 


(現状の僕)

 病気であるのにもかかわらず、運動している姿を見られて気にしている様子が伺える。

 

後から読み返してみると、当時の自分のやり方に間違いを見つけた。

 

クエン酸入りのスポーツドリンクの補給だが、この手のドリンクは運動時のカロリー摂取を前提に補給する事を考えており、血糖値を下げるどころか上げる方に働くのが理解出来る!

クエン酸飲料となっていても気をつけた方が良いかもしれない。

 

風呂上りにスポーツドリンクを勧めるようなCMを見る事もあるが、大きな間違いだと思う。

のぼせて水分をたくさん出すならともかく、スポーツドリンクは血糖値が上がるので糖尿病を持っている人には注意が必要だ!

 

カロリーオフや0kcalなどと表示されていても、絶対に信じてはならない!

表示されてない物よりは増しな程度と考えるべきである。

0kcalはゼロではないのだ、少ないある基準値以内なら0表示しても良い事になっている。

 

またコーラなどは糖尿病、癌患者には不要で口にすべきではないと考える!

含まれる砂糖の多さでこれに勝る物など考えにくいのではないだろうか。

 

癌細胞に餌を与えていると思って間違いないだろう。

 

 

※スポーツドリンクやコーラ等を否定するものではありません。
病状を悪化させる懸念があるために知っておくべきだと思っています。
どうぞご理解下さるようお願いします。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る