膵臓がん闘病日記10/10

       

    〔 広告 〕

 

2015年10月10日(土)

 

(父の状態)

体重   47.8~49.1kg

体温   35.7~36.9 ℃

血糖値  mg/dl

朝食前    72

昼食前    46

夕食前 151

就寝前    ━

 


(父の日課)

05:00 血糖測定 34低いのでブドウ糖摂取

06:00 血糖測定 72ブドウ糖、体温測定

08:00 朝食

09:00 散歩 5613歩

11:00 血糖測定 46低いのでブドウ糖摂取

12:00 昼食

13:00 散歩 5246歩

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 ウォーキングに励んでいるが、少々力を入れ過ぎだな。

往路は体を温める事が目的、体が温まった所で緩急をつけて歩く。

インターネットでの情報によると、ミトコンドリア有酸素運動をする事で増殖するようだ。

 

県道に出た所で緩やかな坂道を力を入れて早足をする。

 

途中クエン酸飲料を飲み休憩をしながら歩き、大きな坂道を小さな歩幅を意識しながら有酸素運動に励む。

登りきると喉がカラカラになりミトコンドリアは増えていると感じる!?

 

まだまだ元の体力には隔りがあると思えるが、息を切らせながら歩く。

 

家にたどり着くと、汗で下着は濡れているが、そのままラジオ体操で体をほぐし運動は終わりとする。

 

力の入れ過ぎか、今日は体に影響して疲労感を感じている。

今日の2回のウォーキングは辛い思いをした。

 

ウォーキングという運動をする事で、長生きする事に希望を託しているのは、果たして理論的に良い事をしているのだろうかと?不安を感じたりもする。

どうも考える事とやっている事が矛盾しているように思えるが、今は信じるしかない!

闇雲に信じて疑わない事である。

信じる者は救われる、間違っている事をしている訳ではない!

 

 

この2、3日は低血糖を心配している

朝目覚めて便所に行く時に、その症状を感じブドウ糖を口に入れる。

とにかく血糖値が80~125mg/dlの間に納まらないと不安から逃れる事が出来ないのだ。

 

ひょっとすると隠れての喫煙に後悔の懺悔を感じているし、これが災いをしていないか?

 

自分が情けない人間だとつくづく思う。

この喫煙の誘惑に勝つ事が全快への道となるやも知れない。

 


(当時の僕)

 今朝も早くから起きてましたね。

朝、昼と元気よく散歩に出かけています!

 

少し無理をし過ぎているように見えますが、大丈夫でしょうか。

 

急がずに頑張っていきましょう。

 


(現状の僕)

 この日の日記には、2回のウォーキングで10859歩歩き、約3時間かかっている。

また血糖値が下がり過ぎて、危険値に入っている事から少し行き過ぎがあったのかもしれない。

 

低血糖の危険を侵してでも、細胞内のミトコンドリアの復活を意識していたのかもしれない。

 

だがこの努力も喫煙していては、無駄になり兼ねない事にも気づきながらも、禁煙出来ない歯がゆさや葛藤があったのは確かだ!

 

今だから言えるが、禁煙に踏み切れていたなら少なからず良い結果出ていたのではないだろうか。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る