膵臓がん闘病日記11/23

       

    〔 広告 〕

 

2015年11月23日(月)

 

(父の状態)

体重  47.8~49.5kg

体温      36.1~37.3℃

血糖値  mg/dl

朝食前 105

昼食前 178

夕食前 122

就寝前 179

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

08:15 散歩 5937歩

10:00 友人T見舞訪問

12:00 血糖測定、昼食

13:30 散歩 5751歩

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(亜鉛、鉄)

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 腹痛は殆ど起こらなくなった。

だが、エネルギッシュさは欠ける。

 

昨日は硬便が出て少々の腹具合の悪さを感じて、便秘解消の「美爽煌茶」を飲んだ。

半日後には大量に便が出て張腹感は治った。

 

友人Mが見舞い訪問に来てくれた。

暇潰しも兼ねているのだろうか?

 

10時に来て、12時迄話し続けた!

一方的に今日は話し込まれて少々戸惑ったが。

 

少し対話し辛かったし、もう少し気遣って欲しいが、来てくれた事には感謝したい!

 


(当時の僕)

 今日の血糖値は少し高めに推移しているようだ。

 

最近はお袋が散歩時に汗をかきすぎるのをとても心配していました。

もう少しおさえて控えめに運動してもらえるといいのですが・・・。

 

本人がやりたいのだから仕方がないので止めたりはしません!

体重を増やしたいとは言っていますが、運動しすぎてほとんど体重は増えていません。

 


(現状の僕)

 酷く痩せているのに、まだ汗を出そうと運動していたのを母は心配しているようだった。

だが努力しようとしている姿を見ては、僕は悪い事ではないと思ったので引き止めたりはしなかった。

 

ただ努力している部分は認めるが、努力出来ない部分を改められない態度を見せられると少し腹立たしい感じもあった!

 

血糖値の高い時間が何度か見受けられるが、間食していたのだろう。

やはり人間には感情と欲があって、絶対的要求を求めるものではないのかもしれない。

 

そういう意味では参考にした食事療法の本は、徹底を望むものであり、本当にそこまで出来るものかと疑問に思う部分も多々あったが!

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る