膵臓がん闘病日記11/27

       

    〔 広告 〕

 

2015年11月27日(金)

 

(父の状態)

体重  48.4~49.6kg

体温      36.1~36.9℃

血糖値  mg/dl

朝食前 111

昼食前 101

夕食前 229

就寝前    96

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:45 朝食

12:00 血糖測定、昼食

13:00 間食(乾パン)

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

20:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄)

 

疲労感が少々有り眠気を感じ20:15就寝する

 


    〔 広告 〕


(父の日記)

 抗癌剤投与後の一日目は無理な行動をしない方が良いと感じ、今日はそのつもりで何もせず一日が終わる。

そして少々の脱力感を感じた位で、他に体調の異変を感じる事はなかった。

 

まだ副作用は出ていないので良い事だと思わなければならない。

 

毎日血糖値の測定を朝、昼、夕、就寝前の4回測定と早朝の寝起き時にも測定しているため、血糖計測器の針とセンサーが来週の途中迄の分しか残数がなく不足気味である。

本来の測定回数より、早朝の検査分が余分なため消費が早い様である。

 

これを無くして測定は不可能である。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は110mg/dl位で、抗癌剤投与後にしては結構低めになっています。

 

最近では蒸し生姜健康法も効果的になっているのか、とてもハマっているようです。

蒸し生姜は結構たくさん作ったつもりでしたが、乾燥させてみるととても縮んで思ったほどの量ではないですね!

 

親父と一緒に食事療法をしているので、自分自身の体調にも少し変化が現れてきました!

少し僕自身の体重が減ってきているようです。

 

おそらく体脂肪が減ってきていると予想されます。

 

何はともあれ家族みんなが健康になれ良いと思っていますが。

 


(現状の僕)

 食事療法の玄米食及びカロリー制限食の効果なのか、蒸し生姜の効果かは分かりかねますが、僕はこの頃から体重が落ちてきました。

これは母にも同じ事が当てはまり、少し痩せてきているようでした。

しかし父はこれ以上痩せない事を願っていたので、良くないように感じられるが、そんなに体重が落ちる等の変化はなかったようだ。

 

蒸し生姜を汁物等に混ぜて食べる事で、本当に体温が上がるのかはグラフ化してみないと分からないので具体的な事は言えません。

ただ、癌患者に免疫力を維持させる為には、最低体温が36℃を下回らない事が理想ではある。

出来るならば、何とかして37℃付近まで持っていける事を願って実施していた!

 

11月の後半ともなると気温も下がり、寒波も到来する頃である。

冬場の体温低下は病状悪化に繋がるので注意は必要である。

 

冬場の身体を極力冷やさない事を心掛けたかったのは確かである。

 

 

〔 広告 〕
   
Pocket
LINEで送る