癌治療薬について

Pocket

       

スポンサーリンク

 

 癌治療薬にもたくさん種類があり、ここでは大まかではありますが書き出しましたので気になる方は調べてみて下さい。

 


分子標的薬

 

 癌細胞の増殖に働きかけ、癌細胞の持つ特異的な性質を分子レベルでとらえてそれを標的として効率よく作用するように作られている薬のこと。

癌細胞を狙って作用するために、副作用を少なく抑えながら治療効果を高めるものです。

 

それでも一部の分子標的薬には重い副作用もあり、正常細胞にまで作用することがある。

標的分子を調べれば効果を事前に予測できることもある。

 


細胞障害薬

 

 細胞障害性抗癌剤のことで細胞阻害抗癌剤とも呼ばれ、細胞の分裂を阻害することで癌細胞を死滅させるもの。

細胞分裂の阻害方法によって、アルキル化剤、代謝拮抗薬、植物アルカロイド、抗生物質、プラチナ(白金)製剤に分けられる。

  • アルキル化剤
    遺伝情報の伝達など、生命の本質に重要な役割を果たしているDNAに働く薬
  • 代謝拮抗薬
    増殖の盛んながん細胞に多く含まれる酵素を利用して、増殖を抑え込もうとする薬
  • 植物アルカロイド
    細胞の中にある細胞の分裂に重要な微小管というものの働きを止めることによって癌細胞を死滅させる薬
  • 抗癌性抗生物質
    癌細胞に対しても選択的に働く抗生物質
  • プラチナ(白金)製剤
    DNAと結合することにより、癌細胞の細胞分裂を阻害する薬

 


内分泌療法薬

 

 経口や注射によってそのホルモンと反対の作用をするホルモンを投与して、癌細胞の発育を阻止する治療薬。

癌細胞を殺すのではなく癌の発育を阻止してコントロールするのが特徴で長期間の治療になることもある。

 


 

次項では癌治療薬を紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク
   

Pocket

その闘病から僕が得た全てのものを伝えたい