・抗癌剤併用療法の種類(3)


 

 ここでは複数の抗癌剤を用いた治療法の 抗癌剤併用療法 も紹介しておきます。

 


AC療法

 

ドキソルビシン(アドリアマイシン)シクロホスファミド(エンドキサン)の2種類の異なる作用機序の抗癌剤を組み合わせた化学療法のこと。

ドキソルビシン (抗癌性抗生物質)
シクロホスファミド(アルキル化剤)

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 白血球減少、脱毛、悪心、嘔吐

 


AC-T療法

 

ドキソルビシン(アドリアマイシン)とシクロホスファミド(エンドキサン)とタキソール(パクリタキセル)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

ドキソルビシン (抗癌性抗生物質) 
シクロホスファミド(アルキル化剤) 
パクリタキセル(植物アルカロイド) 

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 白血球減少、発熱、脱毛、悪心、嘔吐、下痢

 


CAF療法

 

シクロホスファミド(エンドキサン)とドキソルビシン(アドリアマイシン)とフルオロウラシル(5-FU)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

シクロホスファミド(アルキル化剤)
ドキソルビシン (抗癌性抗生物質)  
フルオロウラシル  (代謝拮抗剤)

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 白血球減少、脱毛、悪心、嘔吐、肝障害、色素沈着

 


CMF療法

 

シクロホスファミド(エンドキサン)とメトトレキサート(メトトレキセート)とフルオロウラシル(5-FU)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

シクロホスファミド(アルキル化剤) 
メトトレキサート  (代謝拮抗剤)  
フルオロウラシル  (代謝拮抗剤)  

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 下痢、悪心、嘔吐、白血球減少、肝障害、色素沈着

 



FEC療法

 

フルオロウラシル(5-FU)とエピルビシン(ファルモルビシン)とシクロホスファミド(エンドキサン)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

フルオロウラシル  (代謝拮抗剤)      
エピルビシン  (抗癌性抗生物質)    
シクロホスファミド(アルキル化剤) 

 

(効果)
 乳癌

(副作用)
 下痢、悪心、嘔吐、白血球減少、肝障害、色素沈着

 


FOLFOX療法

 

フロオロウラシル(5-FU)とレボホリナート(アイソボリン)とオキサリプラチン(エルプラット)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

フロオロウラシル          (代謝拮抗剤)
レボホリナート     (活性型葉酸製剤)
オキサリプラチン (プラチナ製剤)

 

(効果)
 大腸癌

(副作用)
 吐き気、嘔吐、食欲不振

 


FORFIRI療法

 

フルオロウラシル (5-FU)とレボホリナート(アイソボリン)とイリノテカン(カンプト)の3つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

フルオロウラシル              (代謝拮抗剤)
レボホリナート     (活性型葉酸製剤)
イリノテカン         (植物アルカロイド)

 

(効果)
 大腸癌

(副作用)
 吐き気、嘔吐、下痢、脱毛、口内炎

 


FORFIRINOX療法

 

オキサリプラチン(エルプラット)とレボホリナート(ロイコボリン)とイリノテカン(カンプト)とフルオロウラシル(5-FU)の4つの抗癌剤を組み合わせて行う化学療法のこと。

オキサリプラチン             (プラチナ製剤)
レボホリナート             (活性型葉酸製剤)
イリノテカン             (植物アルカロイド)
フルオロウラシル                  (代謝拮抗剤)

 

(効果)
 膵臓癌

(副作用)
 下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、口内炎、疲労感、脱毛

 


IRIS療法

 

経口薬のティーエスワン(TS-1)と点滴薬のイリノテカン(カンプト)の2剤を併用する化学療法のこと。

ティーエスワン          (代謝拮抗剤)
イリノテカン(植物アルカロイド)

 

(効果)
 大腸癌

(副作用)
 悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛

 


XELOX療法

 

経口薬のゼローダ(カペシタビン)と点滴薬のエルプラット(オキサリプラチン)の2剤を併用する化学療法のこと。

ゼローダ   (代謝拮抗剤)
エルプラット(プラチナ製剤)

 

(効果)
 大腸癌

(副作用)
 吐き気、嘔吐、食欲不振

 


 

 

スポンサーリンク
  

共に歩んで来た時を振り返る