・血液検査結果から(重要)

    〔 広告 〕   

 血液検査から見る栄養状態の評価です!

 

栄養指数 PNI をもとめる計算式は以下の通り

栄養指数(PNI)

PNI=10×ALB+0.005×TLC

 

ALB(アルブミン    g/dl)
TLC (総リンパ球数 /μl)

アルブミン 正常値 3.8~5.3g/dl (4.0以上が理想)

総リンパ球=白血球×リンパ球の割合 

白血球の正常値 3300~9000/μl
リンパ球の割合 20~50%(0.2~0.5変換して計算)

 

総リンパ球が多い程免疫力が高く生存率も高くなる

 

 

リンパ球数
  • 1500/μl以上が理想(2000超え非常に良い)
  • 1200~800/μl   中程度低下している
  • 800/μl未満      高度低下
  • リンパ球が少ないと抗癌剤の副作用が出やすく抗癌剤の効果が出にくくなる

 

PNIから

50以上に高まると良い
40以下は栄養不良
35以下は危険で生命を維持するには改善を要する

※アルブミン値が3~2.5g/dl付近まで下がると腹水が溜まる
白血球数とリンパ球の割合が低くなると危険だという事

 

大事な指標なのでぜひ参考にしてください!

 


〔追記〕

僕の父親はH28年7月に病状(膵臓癌、肝転移で肝不全及び腹膜炎) が悪化し腹水が溜まって数日中の死の宣告を受けた。

その時の血液検査結果から算出しました。

アルブミン値    1.6g/dl
白血球数             7700/ul
リンパ球の割合   9.6%    を数式に当てはめる

PNI=(10×1.6)+(0.005×7700×0.096)
   =16+3.696
   =19.696

35以下はとても危険な数値で、20以下のとてつもない数値に僕も絶望した。

本当に医者が投げだすような状態だったのが良く分かる!

腹水も5~10kg位溜まっていたので身動きも取れなくなりかけていた。

 

だが諦めずに最後に漢方薬を試し、奇跡的に腹水が完全に取れて一時的には日常生活が送れるまでに劇的な回復を見せた!

その後に治療方針を謝らななければもっと生存出来ていたのではないかと思う。

どんな状況であっても絶対に絶対に諦めてはいけない!

 

     〔 広告 〕