「血液検査結果2016, 6~」カテゴリーアーカイブ

闘病中の血液検査の結果

血液検査結果2016,6/30

 

H28,6/30(緊急再入院、手術前時)

 

検査名正常値単位
AST8~40U/l73H
ALT5~35U/l73H
LDH106~211U/l162
CHE135~432U/l111L
ALP102~340U/l862H
総ビリルビン0.2~1.1mg/dl0.5
D-Bil0~0.4mg/dl 
γ-GTP12~72U/l239H
CPK62~287U/l 
血清アミラーゼ30~130U/l19L
尿中アミラーゼ~600U/l 
総蛋白6.5~8.0g/dl 
アルブミン3.8~5.3g/dl 
Glu(血糖)70~110mg/dl170H
HbA1c4.6~6.2% 
BUN8~20mg/dl22H
クレアチニン0.40~1.10mg/dl0.80
推算GFR値  112.0
Ccr ml/min72.9
Na135~147mEq/l138
K3.6~4.8mEq/l4.2
Cl98~108mEq/l102
Ca8.4~10.2mg/dl8.0L
CRP   
CRP定量0~0.6mg/dl18.0
CRP 定性(-)  6(+)
プロカルシトニン0~0.05ng/dl23.74
血球算定   
WBC(白血球)34~90×10²/ul224H
RBC(赤血球)423~561×10⁴/ul288L
Hb12.9~17.2g/dl8.9L
Ht39~50%26.2L
MCV80~100fl91.0
MCH26~34pg30.9
MCHC32~36g/dl34.0
PLT(血小板)15~36×10⁴/ul37.4H
RWD-CV  19.3H
RWD-SD  61.4H
PDW  10.8
MPV  10.1
P-LCR  24.5
血液像   
好中球40~71%90.1H
リンパ球27~47%5.0L
単球2~8%4.6
好酸球0.2~7 %0.2
好塩基球0~2%0.1

 

 

事態は深刻になっていた!

 

CHE(コリンエステラーゼ)の低下から肝機能の悪化が分かる。

胆道系の異常は相変わらずでこれが原因の一つだろう。

 

血清アミラーゼの低値とBUN(尿素窒素)の高値から腎臓機能にも障害が出てきているのかもしれない。

 

WBC(白血球)の異常増殖と、好中球の高値とリンパ球の低値は、細菌による感染症で炎症を起こしていると推測できる!

CRPの上昇からその炎症がさらに酷くなってきている。

 

CT画像では肝臓内に炎症による液体が溜まっていたのを確認している。

 

手術により肝臓内の細菌感染した胆汁の排出を試みる。

良くなればよいのだが・・・。