癌の知識について


 

 ここでは癌という病気について説明していきます。

 

癌とはいったいどんな病気か

 

人の体は約60兆個の細胞からできており、癌細胞はその細胞から発生した異常細胞の塊です。

正常細胞は体の状態に応じて増えることがありますが、癌細胞は無限に増殖して周囲の組織を圧迫したり破壊して、機能障害を起こさせます。

 

発癌の原因は

 

細胞の老化による遺伝子の変化や生活習慣の乱れや免疫力の低下などの様々な要因によって発癌すると考えられています。

正常細胞は遺伝子が傷つくと長い時間をかけて徐々に癌化が誘発され発生します。

遺伝子が傷つき増殖を促すものを 癌遺伝子 と呼び、その増殖を止める遺伝子を 癌抑制遺伝子 と呼びます。

癌抑制遺伝子は癌細胞の増殖を抑制するため、 アポトーシス (細胞死)を誘導を担っています。

 

細胞の中にはDNAが存在し遺伝子が記録されており、遺伝子が変異するとそれらに異常が起こり発癌していきます。

癌はどの臓器や組織にも発生する可能性があると言われます。

それらは造血器にできるもの、上皮細胞にできるもの( 癌、癌腫 )、非上皮性細胞にできるもの( 肉腫 )に分類され、造血器にできる癌以外は塊を形成して増大して固形腫瘍になります。

 

悪化していくと

 

腫瘍が大きくなるにつれ原発巣と違う所へ到着しなお増殖します。

この同一種類の腫瘍が二次的に生じることを 転移 と言います。

転移の種類には、原発巣の付近に転移する 局所転移 と局所リンパ節に転移する 領域転移 と原発巣より離れた部位に転移する 遠隔転移 があります。

癌細胞の転移経路には、リンパ流に沿って移動し転移する リンパ行性転移 と血流に沿って移動し転移する 血行性転移 と腫瘍から腹腔や胸腔などの体腔内に遊離し転移する 播種 があります。

 

癌組織(悪性腫瘍)は他の正常細胞が必要とする栄養分を奪い身体を衰弱させ、これを 癌悪液質 と呼びます。

それに対して良性腫瘍は増殖こそするものの、浸潤と転移や悪液質を起こさないものです。

※浸潤とは癌細胞が発生部位周囲にしみ出るように広がること

 

癌のその症状は

 

腫瘍の形成される部位により症状は様々です。

圧迫症状

  • 脳腫瘍   頭蓋内圧亢進による頭痛や嘔吐
          脳幹圧迫による呼吸停止
  • 胆道系の癌 胆汁うっ滞による黄疸症状
  • 消化管の癌 内部狭窄や通過障害による嘔吐や便秘や腸閉塞
  • 尿路系の癌 尿路狭窄による水腎症

 

局所破壊症状

  • 血管    血管浸潤による出血
  • 神経    神経浸潤による疼痛
  • 消化管   消化管穿孔による腹膜炎
  • 脳腫瘍   中枢神経症状による麻痺や意識障害
  • 膵臓癌   内分泌異常による糖尿病
  • 転移性肝癌

 

免疫抑制状態

  • 敗血症   細菌やウイルスによる感染症

 

ホルモン過剰生産状態

  • ホルモン過剰生産による高血圧や高カルシウム血症や糖尿病

 

など上記のように様々な病状が引き起こされます。

 

スポンサーリンク

共に歩んで来た時を振り返る