膵臓がん闘病日記1/26

    スポンサーリンク   

 

2016年1月26日(火)

 

(父の状態)

体重  47.5~49.1kg

体温  35.8~36.8℃

血糖値  mg/dl

朝食前 107

昼食前 149

夕食前    95

就寝前 190

 


(父の日課)

04:30 血糖測定

06:30 血糖測定、体温測定

06:45 朝食

09:30 部屋掃除

11:40 血糖測定、体温測定

12:00 昼食

13:30 友人T見舞い、談話

14:30 読書

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

天候不良の為、ウォーキングは中止

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄)

 


    スポンサーリンク


(父の日記)

 気力が衰えているが、これも抗癌剤による副作用が原因か?

 

戸外は寒風が強く、雨と雪が思い出した様に降り、真冬の天気はニュースの天気予報通りだ!

病人の回復への希望的行動力は起きず、身を縮め蹲ってその回復を待つ。

 

朝方は散乱した所持品を片付け、一室を占領している炬燵を退かして掃除機を掛け雑巾がけをした。

見栄えが整理出来ると気が落ち着き、藤沢文学を賞味する。

 

 

昼過ぎに友人Tが見舞いに来て歓談を味わう!

本当に彼には心の支えを貰っている気がしている。

 

ありがとう。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は100mg/dl位で、方は90mg/dl位と非常に良好でした!

 

昨日本を読んだところ、免疫細胞が癌細胞を攻撃するのは夜寝ている時だと書いてありました。

これは睡眠時間を増やすべきだと思いました。

 

睡眠不足を解消させる事を考えていこうと思います!

 


(現状の僕)

 天候が悪くて散歩に出掛けられない様である。

 

睡眠とは非常に重要なものであり、質や時間により健康に与える要素も多いものだ。

また短時間の昼寝等も有効であるとも聞く。

 

 

この時は免疫の活性化について学んでいた。

 

免疫細胞の活性させるには腸内環境の改善も大きく関わっているのだ。

食物繊維を取ったり、オリゴ糖を取るのも有効だと思う。

 

糖尿病があってもオリゴ糖は吸収され難い為、血糖値の上昇も抑えられて良いのではないかと考える!

また、腸内細菌にも種類があり、種類によって好むオリゴ糖にも違いがある為複数のオリゴ糖を選ぶのが良い。

 

ただし、オリゴ糖は少々値段もするが、ショ糖(砂糖)が含まれる物が多く存在する為注意も必要である。

必ず表示をよく見て信頼出来る物を選ぶべきである。

 

 

スポンサーリンク