膵臓がん闘病日記2/7


 

 

2016年2月7日(日)

 

(父の状態)

体重  48.3~48.7kg

体温  36.1~36.9℃

血糖値  mg/dl

朝食前    75

昼食前 112

夕食前 136

就寝前 143

 


(父の日課)

04:30 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:40 朝食

09:00 畑整地、納屋建直

11:30 血糖測定、体温測定

12:00 昼食

12:30 間食(菓子)

15:30 納屋農業道具整理

17:15 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

      間食(スープ、菓子) 

 

畑仕事の為、ウォーキングは中止

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄、ブルーベリー)

 



(父の日記)

 少々ではあるが体調に異変を感じはじめる。

 

首筋の凝りや筋肉の張りに痛み、それと動ける程度の怠さである。

しかし不動状態では血糖値上昇の停滞援助を助長させる為、少しでも身体を動かして筋肉に糖を消費させる事が正常なやり方だと感じている。

 

少し無理をして動く事を心掛けるが、激しく動く事は避けねばならぬ。

 

 

畑での作業中の9時半過ぎ、ラジオの緊急ニュースで北朝鮮のミサイル発射の報道があった。

あの国のやり方の理解に苦しむ。

封建制度が今に残り、民主主義化が遅れ、一部の共産党員の政権維持の為に民衆が犠牲にされマインドコントロールされている。

 

不幸な国は比べる事で認知出来るのに・・・。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は70mg/dl位で、夕方は130mg/dl位でした。

少し高めの数値も出ているので、副作用も出てきているのかもしれませんね。

 

免疫なども下がってくると思うので、注意の必要な時期であり、また一番気温の下がる時期に無理をしないよう心掛けてもらいたいです。

とくにインフルエンザやウイルス感染症などには注意が必要です!

 


(現状の僕)

 病人でありながら、忙しい人である。

 

余程の体調の悪さを感じない限り、動き続けたいようである。

日記には時間割のように書かれており、間食した事まで書かれている。

 

ここでは書き記さないが、政治や経済等の出来事まで書いてあり、世の中の動向まで気にしているのである!

 

軍事的な事に於いてはとくに関心も高いようであった。

衛星波のBS、CS放送の映画及びドキュメンタリーの番組が好みであり、過去の歴史関係や戦争等の番組にはとくに興味あったようである。

 

戦争関連や軍事関係の番組を見ているのを知っては、母は腹を立てていたようである。

女性には分かり難い一面であるのは確かであるが。

 

 

スポンサーリンク