膵臓がん闘病日記11/2


 

 

2015年11月2日(日)

 

(父の状態)

体重   47.9~50.1kg

体温   36.1~36.5℃

血糖値  mg/dl

朝食前 110 

昼食前 115

夕食前 208

就寝前    70

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

12:00 血糖測定、昼食

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(亜鉛、鉄)

 



(父の日記)

 久しぶりの雨が昨晩から午前にかけて降る。

エルニーニョ現象の影響で太平洋高気圧の勢力が強く、偏西風の蛇行が本州上空を通過し、秋雨前線を押し下げ雨が少なかったと解説されている。

 

多少のムラと前後の差はあるが、確実に冬へ近づき寒い季節に移り変わろうとしている。

 

朝食前のインスリンの1本を使用すると切らしてしまう。

 

昼食前のインスリンが打てず内科に架電し処方箋をもらいに行く。

処方箋を出す手前に診察を行うが、権威としての料金だろうか?2000円の受診料を請求され、納得が出来ずまま支払いを済ませる。

 

院外薬局でも2000円少々の支払いを要求されれた。

 

夕方の血糖値は200超の数値を示す。

インスリンを打たずに食事をした事、副食として熟柿の糖分たっぷりの物を1個、また甘い餡の大判焼きも2個平らげ、大好物の鱚の唐揚げの三杯酢漬けを食べた。

当然の事ながら高血糖食材であるが。

 

高血糖の症状か、この後体の軸が定まらずしっかりと歩けなかった。

 

パソコンのWindows8.1の教科書に手をつける。

XPの誤作動が最近は頻繁になり辛い。

 

早く乗り換えるべきだったが、構成画面の違いもあり勉強不足か使用に四苦八苦している状態で、この解決に取り組む。

 

今の生活状況からすれば、時間もあり勉強の好機であると考えている。

0からの出発と思い、丁寧にしかも慎重に学習をして自分のものにしたい!

 


(当時の僕)

 今日は昼食時に三杯酢を食べたようです。

あまり体に良くないものは食べないように心がけましょう。

あと血糖値をコントロールする注射が切れたようで、少し焦っていました。

事前に確認する事も必要だと改めて思いました。

 

しかし今日は寒かった!

これからのシーズンの冷え込みを気にしながら、体を冷やさぬよう腹巻を購入しました。

 


(現状の僕)

 この年は近年にない冷夏の年だった!

糖尿病での検査入院時の8月上旬迄は真夏で暑かったのだが、お盆を前にして30℃を超えない日が10月頃まで続く、残暑を感じない夏だった!

何年ぶりの冷夏だろうか、少し寒い冬になりそうで気になっていたのを思い出す。

 

癌と言う病気には冷えは大敵であるから、少し暑めの方が良いように感じていたのだ。

 

1月ぶりに食事療法を忘れて好物を食べていたようだ。

たまには大目にみたいが慢性化しても困るので、区別は大切である。

 

少しづつまたパソコンに向かい始めたようであるが、日記はパソコンに取り込んでもらいたかった。

今打ち込むの苦労しているので・・・。

 

 

スポンサーリンク