膵臓がん闘病日記11/8


 

 

2015年11月8日(日)

 

(父の状態)

体重  48.7~49.6kg

体温      36.1~36.5℃

血糖値  mg/dl

朝食前 135

昼食前 118

夕食前 119

就寝前 158

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

07:00 散歩 5815歩

12:00 血糖測定、昼食

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

     ミカン4個食 

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(亜鉛、鉄)

 

夕方に知り合いよりいただいたミカンを4個食べる。

血糖値は158mg/dlまで上昇した。

果物と言えど糖分は多いので気をつける事。

 



(父の日記)

 今朝のウォーキング途中に郵便局に立ち寄り、ポストに先日したためた妹への手紙を入れる。

 

朝方の血糖値が135mg/dlと規定値を少し超えたのは砂糖入りコーヒーを飲んだ為だ。

血糖値は範囲内なら少々高めの方が歩き易く感じられる!

願わくは110~125mg/dlの範囲をキープ出来るのが理想である。

 

今日のウォーキングに於いては順調だったと思っている。

復路の山坂もあまり息を切らさずに登歩する事が出来たし、躊躇する事なく、他の坂も登りきれた。

 

だが少々無理をし過ぎたのか、午後のウォーキングは取り止めた。

疲労を感じていた事に依る。

 

最近は晴天の日が続き毎日のウォーキングを消化し、運動療法として実行しているのだが、坂道を登歩する激しい動きは筋肉の使い過ぎも想像出来るし、低血糖によるブドウ糖供給の回数が増えてきている症状もある。

食事に依る血糖上昇を抑える為と、細胞内のミトコンドリア増殖が目的ではあるが、疲労感と低血糖の症状が出る事は回復過程にある私の今の身体には悪い要素もあるかも知れないと考える。

 

故意に休日をつくる必要性もあるのではないだろうか。

 


(当時の僕)

 今日も血糖値は少し高めではありますが、比較的安定しているようです。

 

しかし最近は食欲が出て来て良く食べますね。

体重も増えてきて良い感じです!

 

あとは睡眠時間をどう増やすかを考えていますが、これがなかなかの難問であります。

さっそく調べてみたいと思います。 

 


(現状の僕)

 運動療法の一環である散歩の領域を超えて、ウォーキングと呼ぶようになってきた!

本当によく歩いていたのを思い出す。

コースは高低差も30~40m位はあるし、距離も3㎞はあるのでなかなか体力を要するものだった。

 

貧血気味で顔色がまだよくなかったが、それでもがんばろうという気持ちは伝わってきていた。

 

無理は良くないけれど、がんばろうと思えば人は変わっていけると信じたかった。

後から振り返っても、この行動は決して悪くはなかったと言える!

 

 

スポンサーリンク