膵臓がん闘病日記11/9

    スポンサーリンク   

 

2015年11月9日(月)

 

(父の状態)

体重  48.2~49.6kg

体温      36.2~37.1℃

血糖値  mg/dl

朝食前 153

昼食前    77

夕食前    82

就寝前 125

 


(父の日課)

05:00 血糖測定 63ブドウ糖4個、コーヒー飲

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

08:00 散歩 5500歩位(計測器忘れ)

12:00 血糖測定、昼食

13:30 散歩 5047歩

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

 

(メモ)

炭水化物     ブドウ糖
タンパク質アミノ酸
油分                グリセリン、脂肪酸
                           (体外へ排出)
         CO2、H2O   

炭水化物でんぷん焦酸ブドウ糖+水素+乳酸
                                      ブドウ糖筋肉消費

糖質 ・多糖類 デンプン、グリコーゲン   
           ・多糖類 ブドウ糖、果糖、ガラクトース
           ・少糖類 麦芽類、ショ糖、乳糖

 

クエン酸サイクル
             食物から摂取する栄養素の分解システム

クエン酸は糖をスムーズに燃やす

 

糖尿病は膵臓で作られるインスリンの分泌が不足、働きが不十分な為に起こる代謝異常疾患

代表的生活習慣病
・網膜症(視力低下、失明)
・腎症(たんぱく尿、腎不全)
・神経障害(痺れ、知覚障害)

 

身体は食物のブドウ糖をエネルギーに変えて動いている。

ブドウ糖が血液に取り込まれると一時的に血糖値が上がるが、健康体ならインスリンが下げコントロールしてくれる。

糖尿病はインスリン分泌不足、または働きが悪く血糖値が下がらない為、様々な障害を引き起こす。

 喉の乾き、多飲、多尿等

血液の酸性化はインスリンが少ないのが原因

 

クエン酸クエン酸ソーダ(血液=アルカリ性)

肝臓、筋肉細胞がブドウ糖を吸収=血糖値下

 


    スポンサーリンク


(父の日記)

 タバコが止められず、1本が2本になり今では1日10本迄になる・・・。

気の緩みか?

 

家の裏で我慢し切れずに喫っていたら、妻の偵察に見つかり大声で罵られる!

直ぐに息子に告げ口された。

 

我慢し切れない心情など彼女に理解など出来る筈もない。

夫婦なら黙って相手の気持ちを理解出来ないものか!

 


 

(当時の僕)

 今日の血糖値も比較的に安定しているようだった。

 

しかし、昼ごろに隠れてタバコを吸っていたようでお袋がひどく
ショックうけていた。

自分も同じでとても心配でこの40日の努力が無駄になったように感じた。

 

最近の両親の仲のは、仲介する僕の立場からはとても複雑で一番厄介な問題です。

どうすれば仲良くなれるのだろうか?

 

なんだか両親に振り回されて疲れます。

 


(現状の僕)

 人とは本当に虚しい生き物である。

 

生きていて欲しいから家族で協力しているのにも関わらず、裏切りの行為を繰り返す。

別に頼まれた訳ではないので、こちらが一方的に食事療法等をさせているのだから仕方がない部分も認めるが。

 

禁煙こそが最大の難問だったのかもしれません。

 

一体誰が何のために努力をしているのやら・・・。

 

 

スポンサーリンク