膵臓がん闘病日記11/16


 

 

2015年11月16日(月)

 

(父の状態)

体重  46.6~48.7kg

体温      35.8~36.8℃

血糖値  mg/dl

朝食前 102

昼食前 124

夕食前 213

就寝前    92

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

12:00 血糖測定、昼食

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(亜鉛、鉄)

 

気分の悪さは午前迄、午後には腹痛も出なくなる。

だが、昼食後に少々砂糖入りの珈琲飲むと、18時前には血糖値は213mg/dlを示した!

夕食に生姜入り味噌汁とクエン酸の湯割りを飲むと、血糖値は92mg/dlに下がった。

 

明日からは体調と天気にもよるが、ウォーキングを再開させたいと思っている。

 



(父の日記)

 腰の鈍痛は去ったようで、抗癌剤の副作用の影響も次第に薄れていくように感じた!

今日は腹痛も2度程経験するのみで次第になくなった。

 

子も妻も外出したら、自分も買い物に出向くつもりでいたが、午前は若干の気分の悪さが残っており、動く気持ちがなくなり外出を取り止めた。

 

退屈さは眠る事で時間潰しに変えた。

テレビ番組も興味をそそるものもなく、空白感を感じた。

 

明日は暫定的に動いてみようと思っている。

動く事が精神的な発散になっている事を思うと、じっと我慢する事は身体に毒であるかも知れないからだ!

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は100mg/dl位でとても良好でした。

 

夕方の血糖値は高く210mg/dl位で、きっと何か食べたように思います!?

腹部の痛みもだいぶ治まってきたようで少し安心です。

 

早く病気を治してみんなで美味しいものを食べたいです!

 


(現状の僕)

 少しづつ抗癌剤の副作用も抜けつつあるようだ。

タバコに続き、コーヒー等にも物色が行っている様である!

 

コーヒーは砂糖を入れずにブラックで飲めば、癌予防にも良いと聞くが、どうしてもカフェインが身体を冷やすため食事療法的にはNGの様だったが。

カフェインレスのコーヒーを勧めていたが、やはりどこか物足りなさを感じる部分も多かったようだ。

 

カフェインによる冷えは、癌治療には大敵なため注意すべきポイントだと考える。

コーヒー、お茶、紅茶等、普段口にする事も多いものばかりだ。

 

また果物も体を冷やす物が多くて、とくに南国系の熱い所に出来る果物も注意しておいた方が良いだろう。

 

 

 

スポンサーリンク