膵臓がん闘病日記12/3

    スポンサーリンク   

 

2015年12月3日(木)

 

(父の状態)

体重  48.1~48.9kg

体温      35.9~36.4℃

血糖値  mg/dl

朝食前    91

昼食前 231

夕食前 209

就寝前 129

 


(父の日課)

05:00 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:30 朝食

09:00 通院

11:15 昼食うどん

11:45 帰宅

12:00 血糖測定

14:00 間食(ミカン、菓子)

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄)

 


    スポンサーリンク


(父の日記)

 症状としては変わらない1日であった。

 

今日は通院日の為8時前に家を出て、K病院へ向かう。

途中で渋滞に合い、病院へ入ったのは9時前であった。

 

受付から内科窓口へ、いつも通り採血を指示され2階の一般の採血室へ向かう。

そして採血を終えて、今度もいつも通り1階のレントゲン室に向かい撮影を済ませる。

 

内科待合で待つ事1時間程で名前を呼ばれ診察室へ入る。

問診についてはとくに明確な症状経過等は言われなかったが、来週の12/10には抗癌剤投与を言い渡された!

 

今回は医師の予想内の経過であった様で、主に今後の日程言われた程度であった。

 

支払いでは2週間分の処方箋と血糖測定用の針とセンサーを貰い、院外薬局で経口薬を買って帰った。

 

今日は問題なく無難に終えたので、帰途うどん屋に立ち寄り、かき揚げをのせた「かけうどん」を食べる。

香川県民としての、久しぶりの味を喜んだ!

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は90mg/dl位でした。

 

今日は通院でレントゲン及び血液検査で大きな変化は無かったけれど、やはり先週の抗癌剤投与の影響で少し血液の成分が減少してました。

 

帰りにたまにはうどんの中サイズでも食べさせてあげようと思っていたけど、小サイズで良いとのこと。

 

夕方の血糖値が200mg/dlまで上がっていました。

中サイズを食べさせなくて良かったです。

 

かき揚げやうどんの小麦粉はだいぶ糖に変換されているようで、
血糖値の上昇にはかなり考えさせられました。

以後気をつけたいと思います。

 

DHAやEPAの効果については、とくに確認出来る症状は出ていません。

 


(現状の僕)

 この日の血液検査では、先週の抗癌剤投与の影響が残っており、貧血や蛋白質やコレステロール値の低下が見られた。

 

いつもの予定通りの状態であるが、2ヶ月に1度位しか測定しないと言っていたHbA1cを2週に渡り計測していた。

おそらく先週に血糖状態のHbA1cの改善が著しく見られた為、誤診がなかったか改めて測り直したのだと思われる!

 

退院して家での食事生活では、血糖状態の安定は難しいと医師も思っていた事だろう。

インスリンの単位を余り下げさせない指示を見ると、病院食外でのカロリーや糖質の制限が難しい事を予想していたと思われる!

 

しかし思いの外血糖状態が安定したので、数値を疑ったのだと思う。

 

間食もあり、完璧な食事療法だと僕は思っていないが、少なからず医師には血糖値改善に取り組んでいる姿を感じ取って貰えたのだと思う!

 

 

スポンサーリンク