膵臓がん闘病日記12/4

    スポンサーリンク   

 

2015年12月4日(金)

 

(父の状態)

体重  48.2~49.2kg

体温      35.0~36.6℃

血糖値  mg/dl

朝食前    80

昼食前 119

夕食前 282

就寝前    94

 


(父の日課)

05:30 血糖測定

06:00 血糖測定、体温測定

06:40 朝食

09:00 自治会の用事

11:00 血糖測定、体温測定

12:00 血糖測定、昼食

12:30 仮眠15分

15:00 間食(菓子)

17:00 血糖測定、体温測定

18:00 夕食

21:00 血糖測定、体温測定

 

冷え込みと強風の為ウォーキングは中止

 

ロキソプロフェンナトリウム、ネキシウム、リーゼ服用

サプリメント(セサミン、亜鉛、鉄)

 


    スポンサーリンク


(父の日記)

 今日は西風が強く寒い。

外気温は10℃以下で5℃前後に感じられる。

 

身体を冷やすと良くないと思い、なるべく外には出ない様にする。

勿論ウォーキングは中止した。

 

午後はコーヒーと牛乳を合わせて飲み、お菓子を一袋食べてしまった!

歩行での運動を控えた事もあり、夕食前の血糖値は282mg/dl迄跳ね上がる!

 

血糖値の上昇を抑える為に、夕食時にクエン酸の湯割りを飲むと、21時の血糖計測では94にmg/dl迄一気に下がり平常値を示した。

 

通院時の帰りに血液検査のデータ用紙を貰えるので、このデータから病状を理解出来る様に血液検査に関する知識を習得したいと思っている!

そしてどれを指標に食事をコントロールし、どの程度の運動量を確保すれば結果が出るのかを知りたいと思っている。

 


(当時の僕)

 今朝の血糖値は80mg/dl位で非常に良い感じでしたが、夕方は180mg/dlとかなりの高めの値でした。

 

何か食べたのか問いただすとお菓子を少し食べたようです。

誘惑に負けてるようでは病気には勝てません!

 

食べたなら運動して、もう少しクエン酸回路を回して糖質を消費してほしいです。

 


(現状の僕)

 この日の夕方の血糖値は180mg/dlと僕には伝えられたが、実際は280mg/dlである。

間食は認めているが、数値を低く偽って伝えている様だ・・・。

 

せっかくHbA1cが改善されて来ているのに、気の緩みでしょうか?

相変わらず自分に甘い男である。

 

血糖値データは本当に素直に表してくれているし、クエン酸摂取は血糖値を下げる効果を表してくれている様にも感じる。

 

食事療法に於いてはコーヒーは身体を冷やし、牛乳等の乳製品全般も癌を助長する物とされており注意の必要があるようだ。

ヨーグルトもまたそれらに含まれており、免疫力を上げる為には腸内環境の改善は必須事項である事から、他で発酵食品を多く摂取する必要があった!

 

納豆や糠漬け等の漬物や味噌を使用する物等を常食していたが、塩分は極力控えめにしていた。

 

 

※ヨーグルトは腸内環境改善には良いが、癌治療に於いては賛否両論があり意見の分かれる所である。

とくに女性は乳製品の過剰摂取が良くないと書かれている様だ。

真実は分かり兼ねるので良く調べてから摂取して頂きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク